地方の中小企業へ転職

採用ということを考えると、中小企業に絞るのが無駄のない就職活動といえます。むろん、一重に中小といっても様々なタイプに分かれますから、個人によって適合性があるかは決めつけることはできません。職種も、たくさんの業界から集まってきていますし、どのジャンルを希望するかによって、活動の方針は変わってきます。中小企業であるから希望したというよりは、会社自体に魅力に感じたからという理由で選択するのが転職成功に結びつきやすいといえるでしょう。これは、業種の違う職場に転職する時も同じになります。スキルを活かせる前提の上で、業務内容や理念に同調して、応募するのがカギといえます。

地方での転職活動は困難を極めるといいますが、中小企業だけを調べあげていくと就業しがいのあるところが意外と存在するのがわかります。職種を固定しないと、必要以上に候補が挙がってしまうので、最低でも詳細な条件を2つから3つくらいには絞っておきたいものです。

業種を決めたら、まず事業内容を確認してみましょう。前の職業を引き継ぐか、別の職種にするかで見方は違いますが、想定している仕事に近いのかをチェックします。ここを詳しく観察しておかないと、いざ応募してから思っていた内容と隔たりが見つかった場合、対応した先方に失礼が生じてしまうので注意しましょう。また、それぞれの企業には、独自の経営方針がありますので企業理念についてもホームページの掲載文等を熟読しておくと役に立ちます。雇用したいのは、会社の考えを汲み取り実践できる人物です。そして、身を粉にして尽くす人材を求めます。面接を迎えるまでに、企業の意図を断片的で構わないので読み取り、回答に反映させる準備はしておきましょう。

大手企業と比べて、中小企業の採用率が高いかといえば、実際はそれほどではありません。もともと、従業員が少なくなるべく人件費を抑えたいと考えている企業が多いので、募集をかけるのはやむを得ない事情が発生している証拠と推測されます。典型的なのは、勤めていた社員が辞めて、代わりの人材を入れなければならなくなった、または業務拡大などという場合です。人手が余っていて、経営が回っていくのであれば 、雇用を増やす必要はありません。しかし、ほとんどはギリギリの線で企業を成立させており、社員が足りているというところは一部に過ぎません。

緊急の募集である意味合いが強いので、採用人数は少数になります。選考として、即戦力を優先させようとする傾向が強いため、経験などを優遇している場合が目立っています。自分のスキルを活かせる転職先を選ぶことが、転職を成功させる手っ取り早い方法といえるでしょう。

地方で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら