地方の出版社へ転職

現在、出版業界の不況が叫ばれています。情報のメディア化、活字離れなどなど、業界の厳しい状況を伝える材料にも事欠きません。その一方で地方出版社の奮闘を伝えるニュースも増えています。地域密着と独自性を武器にさまざまな取り組みを行いながら業績を伸ばしている出版社も増えているのです。

そんな地方の出版社への転職を目指す際には相手が求める能力を備えているかが重要なポイントとなります。そのためにも事前に応募先の出版社がどのような出版物を出しており、どのような業務を行っているかをよく調べておくことが大事です。冒頭にも挙げたように地方の出版社は独自色を押し出しているケースが多く、会社ごとに求められるスキルや知識が異なってくるからです。たいていの地方の出版社は特定の分野に絞って出版物を出していますから、その分野に自分が興味があるかどうか、どういった形で自分のスキルや地域を活かすことができるかを確認しておきましょう。それはそのまま志望動機とも結びついてきます。

また出版以外の業務を行っているところも少なくありません。ネットをはじめとした広告・マーケティング業や他のメディアとコラボレーションしたイベントなどがあります。こうした分野では出版業とはまた違ったスキルやキャリアが求められます。異業種からの転職を目指す場合にはこうした分野に役立つスキルを自分が備えているかどうかも確認しておきましょう。営業職や広告・広報関連のキャリアがある方は幅広い選択肢の中から候補を選んでいくことができるはずです。

一方、地方の出版社はスタッフの数が限られており、ひとりの社員がさまざまな業務を担当(兼務)するのが一般的です。特定の分野に関するスキルが求められる一方、オールマイティな活躍が求められる面もあります。とくに取材や撮影などで各地を回る機会が多く、体力面や取材の際のコミュニケーション能力が求められます。地域の観光名所や特産品などローカルなテーマの出版物が人気を集めている現在、こうした面がますます地方の出版社で働くスタッフに求められるようになっています。

メディアの発達によって地方の出版社が出版物を全国規模にアピールすることが可能になりました。先述のようにローカルな「ご当地ネタ」が全国的な注目を集める機会も増えており、地方の出版社は地域密着を基本としつつも情報を全国に発信できる環境が求められています。それだけに求める人材の幅も広くなっており、異業種からの転職もしやすい環境が見られます。まずは出版社ごとの特色をよく確認し、自分が働いてみたいと思えるところを探すところからはじめてみましょう。

地方で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら