地方のホテルへ転職

地方のホテルへの転職を目指す場合には観光業を無視しては成り立ちません。観光名所をはじめとした有名ホテルからの求人をまず探していくことになるでしょう。

熟年世代の間で人気が高まっている影響もあり、現在空前ともいってよい旅行ブームが訪れています。その影響で全国各地の観光名所で宿泊施設が新たにオープンしたり、需要に合わせて新たな施設やサービスの導入、リニューアルを行うケースが増えています。それに合わせて地方のホテルの求人も増加傾向を見せています。その分転職先の選択肢は探しやすいといってもよいでしょう。

ただその一方では求人の中からどのような職場を選ぶかが重要なポイントとなってきます。これは採用されやすい求人を見つけられるかどうかだけの問題ではなく、やりがいのある環境で長く働き続けることができるかどうかとも深く関わってきます。観光業そのものが活性化している一方、ニーズの多様化によって施設や職種の細分化が進んでいるのです。

たとえば中高年をおもな顧客層としたホテルとファミリー層を顧客層としたホテルでは求められる設備・サービスがまったく異なってきます。また近年では女性同士、あるいは女性の一人旅の人気が高まっており、そのニーズに応える宿泊施設も増加しています。接客業ひとつとっても求められるスキルや資質が違ってくるわけです。すでにホテル業での経験がある場合でも求人元の環境によってはそのキャリアが思ったほどアピールポイントにならないケースもあります。

また、サービスの多様化によって施設内にさまざまな施設を設置するホテルが増えています。とくにここ10年ほどの間に増加しているのが美容・健康関連の施設です。ジム、フィットネスクラブ、スパ、美容室、マッサージ室など、これらの施設で働く従業員の求人が急激に増加している状況なのです。そのためホテル業は未経験の方でもこうした関連施設でのキャリアがある場合には大きなアピールポイントになるケースも少なくありません。レストランなど飲食関連のキャリアも同様です。

もうひとつ、働くことになるエリアの状況も見ておきましょう。観光地の場合は経済的な状況も重要ですし、Iターン、Uターンでの転職を目指す場合には自分や家族が移住するのに相応しい環境かどうかも大事なポイントです。有名な観光地は利便性が高い一方、騒がしくて日常生活を送るには適さない、というケースも少なくありません。求人情報だけでなく、そのエリアの情報もできるだけ詳しく確認しておきたいところです。

地方で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら