地方の電力会社へ転職

電気の流通を管理する電力会社は、ミスのない管理システムと非常時の粗のない対応が求めらます。ですが、2011年3月11日の東日本大震災によって、電力会社を取り巻く雇用状況は一変しました。今までは就職を考えている新卒者の数も多くありましたが、近年では新卒者の激減ばかりでなく、人員不足が深刻化しています。電力会社を転職先にと考えているのであれば、今は絶好のチャンスともいえる時期です。

電力会社としては、中途採用枠として即戦力となってくれる人材を求める傾向が強くあります。そのため、一定条件の経験や資格があれば有利といえますし、採用の確率も上がります。採用条件としては一昔前ほどの難しいものではなく、応募に対する採用競争も比較的緩やかになってきています。ですが、決して簡単とはいえません。欠員などを補うことが先決となっていますから、それに対応できる優れた人材が求められています。

大手電力会社では、発電所のある地域での求人となります。そのため、勤務先は限定されることになりますし、その電力会社によって平均年収なども違っています。本来の電力事業の他に、大手企業では関連会社なども多く有しており、子会社やインフラ整備などの事業展開もおこなっていることが大半です。他にも中小の電力会社であれば、インターネット回線を取り扱うところもあれば、ケーブルテレビ、ソーラーパネルなど取り扱う場合もあり、電力に携わる技術者に限定しても相当数の求人があります。自分の希望する勤務先などを考慮したうえで、柔軟に選ぶ必要があるといえるでしょう。

技術者以外にも電力会社でのコールセンターなどは地方にも多く設けられていますので、応対するための人員求人も多くあります。また、調理師求人や営業職、警備員なども目立っています。多方面にわたり職種がある点も電力会社ならではといえるでしょう。

そのため、自分の電力会社で求める職種は必ず明確にして、求人を探すことが大切です。地方を絞って電力会社として求人を探すと思わぬ求人が出てくることもあるため、自分の希望する業種で見ていくことが重要です。大手電力会社にするのか、大手にこだわらず給与や待遇などで検討していくのかをはっきりさせることが必要です。技術職といえども正社員雇用ばかりではなく、契約社員、派遣などの短期募集もありますから詳細をしっかり確認しましょう。スキル、業種、条件などから求人を検索できる転職エージェントなどを上手に活用して、自分に適した求人を見つけていきましょう。

地方で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら