デザイナーの地方での転職

デザイナーのスキルを活かし、より好条件の整った会社への転職を検討している方も多いことでしょう。単に、デザインといっても、1つのカテゴリーに収まるわけではありません。服やロゴ、アクセサリーなど、デザインにまつわるものは多岐に渡ります。現就職先が自分の希望しているデザインの方向性と違っているといった問題を抱えている方も多いようです。自分で開業し、ステップアップを図る人も少なくありませんが、自分のやりたいデザイン、やりがいの持てる仕事のできる会社に転職したいと思っている方は、なるべく早く転職を検討することが大切です。

デザイナーといえば、アパレル業界がその代表といえますが、やはりデザインのスキルなどを伸ばしたいのであれば、東京のような大都市に身を置いた方が、いろいろな技術を身に付けることができます。しかし、都心部の企業ではなかなか自分の実力を発揮する機会が持てないことは事実です。チームの一員として売り上げに向かってデザインする仕事内容が多いため、自分の能力を活かしたデザインを実現することは難しいという現状があります。

もし、自分独自の発想やスキルを活かしたいのであれば、地方での転職を考えるのも一つの方法です。近年では地方でも地場産業などに力を入れていることが増えてきているため、そうした新たな発想源となるデザイナーを求めている傾向が強くなっています。グラフィック系のデザイナーなども、幅広く求められています。実際に、地方での求人情報を見てみても、こうしたデザインへのこだわりを掻き立てられる求人は多く、企画からすべて任されるような主要ポストを念頭に入れた求人が増えてきています。

自分の転職に対する望みが、仮にデザイン本来の内容であるならば、地方での転職は良いステップアップになるでしょう。一つの企画が成功することで、個人での依頼なども増える可能性が高く、独立という大きな目標に近づくことも夢ではなくなります。IターンやUターンを機にデザインの道で地方への求人を検討することは、将来性を考えるうえで大きな飛躍を期待できる求人といえます。もちろん、そこから大都市への進出も可能になります。まずは、一度地方求人を覗いてみることも、デザイン転職では考えに入れてみるといいでしょう。

地元でのデザイナーニースの傾向を、まずは転職エージェントなどで見つけることからはじめてみましょう。自分のやりたいデザインの仕事に近い求人をピックアップして、詳細を直接エージェントコンサルトに確認してみると、理想通りの求人が見つかります。転職ツールを活用し、自分の転職にうまく生かしていくといいでしょう。

地方で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら