地方銀行へ転職

地方銀行への転職を目指す場合にはなぜその銀行を選んだのか、志望動機を明確にしておくことが大事です。地方銀行は地域密着型の運営を行っており、それぞれさまざまな形で独自性をアピールしています。当然銀行員にもそうした意識が求められるため、志望動機にもどうして選んだのか、具体的な理由が求められます。

担当官を納得させられる志望動機を用意するためにはまずその地方銀行の特色やサービス内容をよく確認しておくことが大事です。そのうえで自分がどういった分野で活躍したいのか、自分のスキルやキャリアをどう活かしたいのかをうまく説明していくことになります。これは就職への意欲をアピールするだけに留まらず即戦力として活躍できることをアピールするうえでも重要なポイントとなります。

また、地域密着ということで銀行そのものの特色だけでなくそのエリアについての知識もある程度求められます。地元住民のニーズに応えられるサービスを提供するためには何が必要なのか、面接の際にはそれほど突っ込んだ形ではないものの、地域との関わりに関する質問を受けることになるでしょう。その際にできるだけ具体的な返答ができるよう事前に準備しておきましょう。

こうした傾向からコミュニケーション能力が問われるのも地方銀行の人材採用における大きな特徴です。銀行は接客業ですからコミュニケーション能力は当然のスキルといえるわけですが、地方銀行の場合はとりわけ地元住民との関わりが密接になります。たとえば高齢化・過疎化が進んでいるエリアでの勤務ではサービス・商品に関する会話だけでなく、雑談なども大事な仕事になります。そうした何気ない会話を楽しみに銀行に訪れる方も少なくないからです。都市部の銀行では必要ないと思われるこうしたスキルが地方銀行では顧客との信頼関係を構築する上で重要な意味を持ってくるのです。面接の際にはこうしたコミュニケーション能力をうまくアピールできるようにしましょう。ハッキリと話す、自分の意見を自信を持って話す、相手の目を見て話すといった基本的な部分はもちろん、自分の言葉でわかりやすく説明する、相手の質問に当意即妙に答えるといった柔軟性も求められるでしょう。

年齢では若い方が転職に有利なのはもちろんですが、30代後半くらいまでなら転職のチャンスは十分にあります。また40代でも営業職や他の金融業でのキャリアがあれば転職の機会は少なくありません。その意味では間口が広い業種ともいえるでしょう。

地方で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら