女性の地方での転職活動

男女雇用機会均等法が実施されてから、女性の社会進出は常となりました。男性に頼らず、自分で生計を立てている女性は多く、仕事にストイックに取り組んでいます。向上心の強い人々は、会社の経営方針に敏感で、先行きに不安を感じれば転職を意識することがあります。新たなステージに進むのは男性ばかりと思いがちですが、女性においても同じ風潮が巻き起こっています。育児・出産を経た人々が、別の職場で働くケースがありますし、関心は非常に高いレベルにあります。

女性が地方への転職を考える時、どんな背景があるのでしょうか。妊娠や出産を期に住まいをお互いの実家などに移すこともあれば、家庭の事情から一家の主が地方への転勤を余儀なくされることもあるでしょう。そうした場合、慣れた職場を必要に迫られて、離れる必要があります。地方での転職を決断する必要があるのです。また、IターンやUターンを考え、地方への転職を決意することもあるでしょう。

経験を優遇される転職では、男性向けの求人の方が多いと考えている方もいるでしょうが、女性の転職の場は地方でも非常に多くあります。妊娠や出産などでの欠員補充というケースもありますし、また、女性ならではの職種や細やかさを必要とした求人も多くなっています。全体数から見ても、女性でも応募可能な求人数は多く、地方といえども状況は違いません。基本的には、女性が男性に比べて転職に不利ということはまずないと言っていいでしょう。大事なのは、自分の個性が活かせる職場であるか、経験が活かせる職場であるかという点でしょう。

女性の地方就職で一番のネックとなるのは、やはり家庭との両立といえるでしょう。地方の特徴ともいえますが、勤務地が自宅より遠いことも考えられます。子育て最中の仕事となれば、こうした勤務地までの距離を視野に入れなくてはならないため、住まいによっては希望する仕事がない場合もあるのです。広範囲に転職地を広げることも時には必要となるでしょう。また、家庭との両立といった面で、残業などの勤務体制の確認も重要です。

求人誌やハローワークで転職活動は可能ですが、希望する求人が必ず見つかるとは限りません。地方は都心部と違い求人数も多くありませんので、できる限り多くの情報の中から理想の求人を探し出す努力が必要といえます。時には、地方求人を得意とする転職エージェントなどを利用し、多くの求人を引き出すことも大切といえるでしょう。

地方で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら