住み込み有りの地方の求人

仕事場を決める場合、住まいの近くに就職先がある場合は別ですが、就職先にあわせて仕事を始めるとなると賃貸などの住むところを、就職にあわせて検討する必要が出てきます。しかし、転職に伴う引っ越しは、会社への勤務年数などにより難しい点も多く、保証人の必要や敷金・礼金の資金問題などクリアすべき問題は多いものです。これらの条件を満たさないと、賃貸契約が結べないので住まいと転職を同時に検討することは精神的リスクも大きいものとなります。転職先によっては、企業側で寮など完備しているケースがあります。企業側によって社宅などがあることもあり、地方などで転職を検討する際には非常にありがたい待遇の一つといえるでしょう。

特にIターンやUターン、または他の知らない土地での転職を考える場合、社宅いわゆる寮付きの企業は利便性があります。おもむいたことのない土地で就職する場合、十中八九住宅を借りる形となります。もちろん、地理を把握しているわけではありませんから、家賃が安い物件や交通の便が整っている地域の物件を探し当てることは容易ではありません。更に、働くであろう職場との距離を考慮するとなるとますます選びにくくなります。

先に、転職口が定まっていれば エリアを選択しやすくなり、1ヶ所に絞ることができますが、職場と平行して模索するとなれば、決め手となる根拠が薄く二の足を踏む状態となります。そこで、住まいと仕事場を同時に決められる社宅付きの企業は、地方での転職においては効率的かつ不安な要素を掻き消す求人といえるでしょう。

住み込み有りの求人情報が、コンスタントに求人としてあがってくるかといえば、そうではありません。運よく見つけたとしても、すぐに応募しないと締め切られてしまう恐れもあります。住まいのキャパシティが限られていて、募集人数が少ないので、競争率が激しくなることも予想されます。人気求人となる案件であり、情報が見つかったとしても確実に採用される保障はありません。倍率が高ければ、入社できる見込みは低くなりますし、毎回求人が出る度に応募することとなります。とにかく、首尾よく情報に敏感になるしかありません。

求人誌やハローワークだけでは、扱われる数が限定的で優良企業に出逢える確率に期待がもてません。視野を拡大するならば、転職エージェントに登録して紹介してもらう 手段も必要です。人事担当者との面接に臨む前に、候補となる企業数を増やすのが先決です。絞った上で、代理人の仲介を通じて相手と連絡をとり審議してもらうのが適切な進め方になります。とにかく住み込み求人は、出回る機会があまりなく早く見つけた者が勝ちです。タイミングを失わないようにしましょう。

地方で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら