地方への転職で年収をアップさせるには?

地方への転職において大きなテーマとなるのが年収の問題です。生活環境・家庭環境を重視したい、ゆとりのある環境で伸び伸び働きたいといった理由で地方への転職を目指す場合、多くのケースでは年収ダウンを受け入れる必要が出てきます。収入ダウンを覚悟してでも良い環境、やりがいを求めたい、というわけです。

そのため地方への転職で年収アップを実現するためにはさまざまなハードルをクリアする必要がありますし、求人探しの段階でひと工夫が求められます。まずポイントとなるのがキャリアの継続ができるかどうか。地方への転職では「オーバースペック」という状態が起こりがちです。都市部で培ってきたキャリア・スキルが地方では需要がなく思うように活かせない状態のことです。ですから最低限、自分がこれまで担当してきた分野、職種で転職できることが大前提となります。

そのうえでさらにキャリアアップできる専門的な職場に転職できるかが鍵です。製造業に多く見られますが、都市部よりも地方の方がむしろ最先端の技術や知識が活かされているケースも少なくありません。こうした現場の最前線で活躍する機会が得られるかどうか。チャンスさえ得られれば年収アップの期待は十分持てます。このケースでは採用時の年収だけでなく、5年後、10年後の年収においても大幅なアップが期待できるでしょう。

もうひとつのポイントは人手不足による需要に応えることができるかです。特定の職種に顕著に見られる減少ですが、地方では人手が不足しているため、それを確保する目的で都市部よりもかなり高い年収水準の求人を見つけることがあります。同じ業務・役割が求められる職場でも年収がワンランク上、というケースも珍しくありません。こうした自分がそのエリアの需要を満たせることができるような環境なら比較的容易に年収アップを得ることができるでしょう。

ただ、これらの地方への転職による年収アップにはいくつかの点で注意が必要となります。ひとつめは期待に応えられるかどうかの問題です。都市部で培ってきたキャリア・スキルに対して雇う側が過度な期待を抱いているケースもあります。地方だけに限られた話ではありませんが、採用時の年収が高いほど期待も高くなるのです。一方人手不足の職場では残業続きや自分の希望通りに休日が取れないといった激務な環境に晒される可能性もあります。こうした問題に直面しないためにも求人情報をチェックする際には就業環境にも着目して比較検討していくことが必要でしょう。

地方で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら