資格無しでも地方で転職できる?

求人を2種類に分類すると、資格前提の職種と不問の仕事にわかれます。転職求人に多くみられる有資格の職種は、看護師や薬剤師などの専門職が中心となっています。数ある求人情報を見てみても、有資格者求人の場合、資格以外の実務経験なども問われているため、資格があることが求人するのに有利であるかというと、一概にそうとはいえない事情があります。資格を有しているからといって、転職がスムーズにいくというわけではないのです。

しかし、その一方、資格を有している求人の方が給与面、待遇面では優れている求人が多くなっています。資格の種類にもよりますが、取得するのが難しい資格であればあるほど、給与などに反映されているのが特徴といえます。

では、資格が全くない場合の求人事情はどのようなものなのでしょうか?

数ある求人の中には、全く資格を必要としない求人も少なくありません。多くの求人の場合、転職の際の特定の条件を提示していますが、そこに資格を指定しているものは少なく、仕事に必要なスキルとして、例えば資格に相当するものを提示している企業もあれば、他にも資格はなくても実務経験などを重視している企業も多くあります。資格があれば、もちろんこうした求人の場合、有利になることは間違いないことですが、企業側は資格を有している人材を求めているわけではなく、仕事のできる人材を求めているため、資格だけで判断していない企業の方が多いのです。

代表的な転職先としては、営業職、事務職、サービス業界などといえるでしょう。資格を有する人材よりも、仕事の成果を重視している企業が目立っています。また、仕事の内容プラスアルファーを求めている場合もあり、資格不問としていることが多くなっています。他業界などでのスキルや同業界などでの知識なども採用の評価の対象としていることも多く、資格よりも経験などを、主に採用の基準としているため、有資格者でなくても積極的に採用しています。

資格はないが同等のスキルは持っている、資格はないがそれに負けない経験を持っている、知識を持っているという方を歓迎しており、資格をわざわざ取得しなくても、採用の可能性があるため、転職時にはよりスキルアップできる職場として候補に入れることができます。仕事での新たな経験を身につけることで、よりステップアップすることも期待できるため、資格を持っていない方にとって押さえておきたい求人といえるでしょう。

地方で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら