地方で転職をする際の志望動機

地方での就職なら面接も問題ないと思う方も多いでしょうが、もちろん地方で転職する場合でも面接などは採用を決定づける大きな採用ポイントです。どの企業の面接でもそうですが、志望動機というものは大切な内容といえるため、必ず問われる質問といえます。

単に地方に転居したことで就職先を探したなどの理由は不適切で、採用となる志望動機とはいえません。面接前には必ず、好印象を与える志望動機を考えておきたいものです。どのような志望動機が適切な回答といえるのでしょうか?

まずは、自分がどうしても会社に入りたいと思った意図を伝えなくてはなりません。面接前に企業の情報を集めておくことは、面接時の志望動機の参考になりますので、収集しておくといいでしょう。例えば、企業の力を入れている製品を知り、感動したからと伝えるのもいいでしょうし、企業理念に深い感銘を覚えたといってもいいでしょう。しかし、この解答だけでは不十分といえます。そこに自分のこれからの意志を盛り込むと最高の志望動機となります。

商品に魅力を感じ、自分でも前職の経験を活かし、新しい製品開発をおこなってみたいとか、御社に自分のスキルを活かして是非実務として貢献したいなど解答例はさまざまです。あらかじめ用意しておき、すべてを暗記する必要はありませんが、大まかに質問に対する答えを用意しておくことは必要といえるでしょう。企業により様々な面接時の傾向などもありますので、転職エージェントなどに情報提供をお願いしてみるのも得策といえるでしょう。

難しく考える必要はありません。企業側は、心から自社で働きたいと願う人材を求めていると同時に、売り上げなどに貢献してくれる人材を求めています。面接している人物が企業にとってどんな利益を出してくれるかという部分を見ているのです。スキルなどももちろん採用の大きなポイントといえますが、面接でしか見ることのできないこうした人材のやる気、貢献度はこの志望動機で判断する企業が多いことから、大切な質問事項といえます。

他の応募者より採用したいと企業側に思わせるためにも、自分のオリジナルといえる前職経験や今まで貢献してきた実績、それ以上の意欲をこの志望動機に盛り込むようにしましょう。ですが、あまりにも長い文面などは不適切といえます。言いたいことはたくさんあると思いますが、簡潔で聞いている側にも明確に意図が伝わる志望動機を用意しておきましょう。

地方で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら