地方で転職活動をするメリット

都市部で働いていた社会人が、一身上の都合で地方に転職するケースは珍しいことではありません。家業を継いだり、都会の空気に馴染めず移住したり、健康的な問題で引っ越しをしたりと理由は様々です。政令指定都市といわれる地域で働くのが、必ずしも理想とは言い切れなくなっています。地方出身者が、就職を機に上京するのは定番といえましたが、都市部だけにメリットがあるわけではありません。地方は給与や求人数と都市部と比べデメリットとなる部分も多くありますが、メリットといえる部分も全くないというわけではないのです。地方で転職するメリットについて一緒に見ていきましょう。

求人数が少ないという点に関しては、確かに地方での転職は不利なように見られがちですが、あえて地方で転職することにもメリットがあります。まず、地方は求人数が少ない反面、競争率の少ないというメリットがあります。そのため理想とする求人に応募することで採用までこぎつける確率が高くなるのです。都市部は、採用枠以上の求職者が殺到することがしばしばです。需要が供給を上回っていて、労働力が余ってしまうのが現状です。

ですが、地方には大手企業の支店などがあることもあり、通常東京などでの採用は無理であっても、地方ということで採用の可能性があります。もちろん地方でもこうした大手企業の求人は希望者も多いものですが、スキルがあれば勝ち残る可能性は都市部と比べはるかに高くなるのです。また、こうした大企業に就職ともなれば、転勤などにより都市部に赴任することも考えられます。地方から全国に進出していくことも可能なのです。

地方には、地元に根づく中小企業も多く、全国に誇る技術や商品を抱えている企業も少なくありません。業績も高く、ある程度のポストとして転職できれば、今までよりも高い給与を得る可能性もあります。都市部での就職より、地方で高いポストに就くことの方がハードルが低くなっています。こうした中小企業で一定のポストに採用してもらうことは、給与と合わせてみても地方での転職の大きなメリットといえるでしょう。

ですが、自分の住んでいない地域の転職の傾向を掴むことは簡単なことではありません。地元に現存する就職冊子やハローワークを利用するのも方法の一つですが、やはり都心部と比較検討し、その地域の基準を知るためにもこうした就職媒体と合わせて転職エージェントなどを利用するといいでしょう。その地域の傾向なども分析されているため、参考にしてみるといいでしょう。

地方で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら