地方で転職時の面接のポイント

仕事場を探すだけが、転職の肝ではありません。採用に結びつくには、人事担当者との面接をクリアしなければなりません。貴重な求人が見つかったとしても、面接で自己アピールができなければ道は開きません。自分の言葉で、自分という人間を相手にどう伝えられるかが勝負になります。転職に失敗する人の多くは、面接がネックとなっています。担当者に、自己を正しく曇りない眼で理解してもらうポイントを学んでいきましょう。

まず面接に挑むときには、外見から正すのが必定です。身だしなみの乱れた求人者は、例外なく冒頭から低評価となります。第三者が見て、しっかりしていないと思われる人は担当者も同じ感想を持ちます。社会人として相応しくないとすれば落第点となります。

もし、自己判断だけで確信がもてないのであれば、家族や友人に好印象を与える身だしなみであるか確認してもらうのが妥当です。誰が見ても、清潔に感じられる、社会人として相応しい外見に整えておきましょう。服装は、フォーマルなスーツに上下統一して、派手な装飾品は身につけてはいけません。頭髪は、黒色にしておくのも必須といえるでしょう。

次に、面接時の受け答えですが、質疑応答の時は自分だけでなく応募者全員が緊張するものです。面接に向かう前は、返答に戸惑ってしまわないか不安になります。察する通り、自分以外の応募者も同じ心理状態になります。自発的に、緊張を抑えようとしても簡単にはできません。そこで、思考回路を変えて無理やり心を静めようとするのではなく、皆共通の会場で共通の心理状態にあるのだからナーバスになる必要はないと、考え方を転換するだけで内に秘めた一抹の不安が和らいでいきます。正直いって、面接に慣れている求職者は歴戦の強者でもない限りそうそういません。スタートラインが同じとわかれば、気は楽になります。

面接時の返答例として、あらかじめ基本的な質問の回答例を用意しておく必要があります。志望動機や前職での経験、地方への転職の場合は、地方を選択した理由を聞かれることは覚悟しておきましょう。正直に答えることも大切ですが、自分の仕事への意欲、スキルアップの意志などを伝えることが大切です。家族や家庭の事情ばかり伝えても、採用への評価点とはなりません。自分の経験やスキルがこの土地に、会社に活かせると確信している旨を明確に伝えることが大切です。自分自身で、十分な回答が用意できない場合などは、転職エージェントのアドバイスなども利用するといいでしょう。

地方で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら