地方での転職活動は不利になる?

都心部と比べ、地方で求人を探すのは効率が悪いと考えている方も多いことでしょう。就職するには、選択肢が少ないより、多い方が利点があると思うのは当然です。過去に、出稼ぎ労働者などと呼ばれ、雇用が不足している地域住民が、都市部に引っ越しして働くことも多く、そのようなイメージを抱いている方も少なくありません。また、大学生から社会人になる進路を選択する場合も、都市部での生活を選ぶもしくは考える方も相当数います。地方での狭い選択肢を捨てて、広く数の多い求人に惹かれて都市部に目がいくのは当然といえるでしょう。

しかし、転職する場合、都市部での求人探しは予想以上に楽ではないという現実があります。職場を変えるのは、初就職時に比べてリスクも高く、簡単にとはいきません。キャリアを積んでからの再就職は、過去の実績が問われ企業側から厳しい目で判断されます。つまり、熱意や向上心などの表面的な部分だけで判断する企業は少ないといえるのです。会社にとって功績を残す人材になるかという視点で厳しく審査されるのは逃れられません。それほど都心部での転職は慎重に考える必要があります。

2回目、3回目と就職を重ねるにつれてハードルは上がっていくのは仕方がないことですが、転職はあくまで快適な環境を求めて前向きに行動する未来志向の手段です。どんな転職であろうとも、自分を企業に売り出す局面を作り出すのは重要ポイントです。代えの利かない人材とのイメージを植えつけることで、正式採用にぐんと近づくことができます。

地方での求人活動は、こうした応募者が唯一性をアピールできる機会が多分にあります。企業は、求人者が少ないと選りすぐりはできませんから、自ずと限られた範囲で決めざるを得ない状況になります。雇用される側が選ばれるというより、雇用する側が選択できる構図が生まれやすいのです。ですから、条件のよい職場に出逢いやすくなり、採用率も高くなります。難関といわれる企業への転職などでは、地方での転職は採用に期待が持てる確率が高くなるのです。また、地方限定の企業もあり、将来性の高い企業や多くの利益を上げている企業も相当数あります。

十分なスキルアップを望める企業や多くの収入を見込める企業が、地方にはたくさんあるのです。世界的で活躍している企業もありますし、支店を多く持つ企業では、業績次第では都心部へ配属される可能性があるなどメリットも多く、やりがいを持って仕事に挑める企業が多数あることも良い点です。必ずしも地方での転職が、デメリットばかりとはいえません。

地方で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら