Uターンして地方に転職

Uターン転職とは、地方で生まれ育った人が都会で就職した後、転載で地元に帰ってくること、または進学で都会を選び、そのまま都市部で就職してから、別の働き口を求めて故郷に帰り転職をすることをいいます。

Uターン転職を決断する方は少ない印象もあると思いますが、実際に男性の36.9%、女性の32.0%がUターンしており、男性の方がその傾向が高くなっています。特に40代から50代の方が多く、自分の仕事の経験を活かし、地元で一花咲かせたい、地元に貢献したいと転職を試みる方の数が増えています。

Uターンで転職を考える場合、一定の期間を設けゆっくり検討することが大切です。地元ならではということもあり土地勘などは備わっていますが、就職となるとそう簡単には運ばないものです。しかも一度就職しているわけですから、給与などの面においても妥協するわけにはいきません。じっくり長いスパンをかけて、転職に備えることが必要になってきます。

また、地方では求人数が都心部と比べ多くはありません。いくら高いスキルがあるからといって、就職先が即決するとは限らないのです。もし、Uターンを決断したなら、その時点から仕事をしながら転職活動をおこなっていくことが一番です。地方では、事業拡大や欠員などが主な求人のタイミングといえます。しかし、都心部のように大型な求人は少ないのが地方の特徴ともいえます。募集はしても若干名、少ない枠の募集というのが大半を占めます。求人のタイミングを逃さないことが大切です。条件の良い求人ほど、タイミングを逃してしまうと、人員が埋まり、応募が打ち切られてしまうため気を付ける必要があります。

転職探す場合、地元の求人媒体などを利用して就職活動をおこなうのが一般的ですが、より手間や費用をかけず探す方法として、最近では転職エージェントを利用するのが主流になってきています。転職エージェントには通知サービスがあり、自分の条件などをあらかじめ提示しておくことでより条件に近い求人が出た時に、メールで連絡が入ります。すぐに理想の求人をタイミング外すことなく見つけることができるのです。仕事をしながらの、転職活動は時間をかけることができないため、こうした工夫が必要です。自分の生まれ育った地で、より良い仕事につけるよう希望条件などは妥協することなく盛り込んで、転職活動を進め、できる限り早く理想の転職先を見つけていきましょう。

地方で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら