40代の地方の転職

40代の地方の転職はさまざまな面で難しい部分が出てきます。それをクリアしたうえでよい転職先を見つけていく必要があるわけですが、そのためには事前の準備と心構えが重要です。

40代の転職では都市部、地方を問わずキャリアの継続が絶対条件となります。これまで積み重ねてきたキャリアを継続できるような転職先を探していくことになるわけです。そもそも40代からまったく未経験の分野へ転職するのは難しいでしょうし、もし採用されても収入など待遇面でかなり厳しい立場を覚悟しなければなりません。Iターン、Uターンで地方への転職を目指す場合にはとくに理想が先走ってしまう傾向が見られますが、40代の転職ではあくまで現実的な視点で職探しを行っていくことになります。

地方は都市部に比べて求人の絶対数が少ないため、情報収集が非常に難しくなります。とくに40代以降の求人となると選択肢がかなり狭まってしまうことを覚悟しなければならないでしょう。加えてキャリアの継続ができるかどうかも重要です。地方の転職における注意点のひとつが業種の選択肢が狭まってしまう点です。都市部のように幅広い業種からの求人が見つかるとは限らず、エリアによってはまったく見つからない業種も出てきます。ですから求人情報を探そうと思っても自分がこれまで働いてきた業種からの求人を見つけられない可能性もあります。Iターン、Uターンの場合はあらかじめ移住する予定のエリアの産業・求人状況をよく確認しておくようにしましょう。

この点は自分のキャリア・スキルをきちんと評価してくれる職場を見つけられるかどうかとも深く関わってきます。40代の地方での転職ではよく「オーバースペック」と呼ばれる問題が出てきます。これまで積み重ねてきたスキル・知識を活かせる職場がなく、キャリアに相応しい年収・待遇で転職することができないパターンです。都市部では重宝される専門的なスキル・知識も地方では需要がなく、評価されない可能性もあるわけです。40代の転職でこのオーバースペック状態になってしまうとせっかくのキャリアがムダになってしまうだけでなく、その後のキャリアにおいても希望通りに行かなくなってしまうので要注意です。

あとは家庭生活との両立でしょう。夫婦、親子の時間を大切にするために地方に転職するケースも少なくありません。キャリアの継続をしつつも都市部とは違った価値観や環境で仕事と生活のバランスをとることができるような転職先を探していきたいところです。

地方で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら