30代の地方の転職

30代はキャリアの分かれ道と言われています。この時期にどのような職場で働くかによってビジネスマンとしてのキャリアが決まるといっても過言ではないでしょう。地方への転職もこれまでのキャリアの継続と新天地での飛躍のバランスをうまくとったうえで職探しを行っていく必要があります。

分かれ道ということもあり、30代の10年間のどのタイミングで地方への転職を目指すかによっても状況が大きく異なってきます。30代前半までは思い切ってこれまでとは別の業種・分野への転職を目指すことも十分可能ですが、後半になるとさすがにそれは厳しく、あくまでこれまで築き上げてきたキャリアを継続させる形での転職先探しを行っていくことになります。どのタイミングで転職に踏み切るか、転職に何を望んでいるのか、自分の中で明確にしておくようにしましょう。

30代の地方の転職で最初の壁となるのが求人そのものの少なさです。人口、産業規模ともに都市部と比べて小さいため、仕事そのものが少ないのです。その限られた選択肢の中から自分に合った職場を見つけることができるか。年齢を重ね、キャリアを築いていればいるほどそれが難しくなってくるのです。

地方の転職によって何を得たいのかを明確にしておくことも大事です。キャリアアップか、収入アップか、中には就業環境の改善や家庭生活の充実といった点を求めて転職する方もいるでしょう。その場合、何を優先するのか、何を犠牲にしてもかまわないのかをハッキリと決めておきましょう。たとえばゆとりのある就業環境を手に入れるためなら少々の年収ダウンは受け入れる、本当に自分のやりがいのある仕事ができるなら同じく年収ダウンも辞さない、といった形です。

職種によっては都市部よりも地方の方が平均年収が高いケースもあります。これは人手不足を解消するために好条件で採用するためで、収入が高い代わりに連日残業続き、思うように休日が取れないといった就業環境でマイナス面を抱えているケースも見られます。地方の転職で収入アップを目指している場合には求人情報に提示されている金額だけで判断せず、実際の就業環境も事前に詳しく調べた上で判断していくようにしましょう。

30代は仕事だけでなくプライベートの面でも充実する時期です。家庭を持つ、これから異性との出会いを求める、あるいはマイホームを購入するなど、人によって生活環境に大きな違いが出てくる時期です。そうしたワークライフバランスも考慮したうえで理想的な地方への転職を実現していきましょう。

地方で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら